大人が守ろう!通学の防犯について

通学に欠かせない防犯ブザーは自己防衛の第一歩になる

最近では防犯ブザーを学校で配布している小学校や中学校が増えているのはご存知でしょうか?季節の変わり目や節目で不審者の目撃情報や通学途中で被害に遭った学生などの話も絶えません。ニュースなどでも、学生を狙った悪質な犯罪なども耳にします。本当に怖い目に遭った時は、声も恐怖で出なくなります。そんな中、学校側が考えたのが学生に防犯ブザーを配布するシステムです。
学校から近い子もいれば、遠く通学途中でどこに危険が潜んでいるかわかりません。小学生なら日が落ちる前に帰宅できますが、中学生になると部活などで帰る時間もバラバラですし、日が落ちてから帰宅もざらにあります。そんな生徒を犯罪から守るために防犯ブザーは欠かせない必須アイテムです。紐を引けば大きい音が鳴り響くものや、ボタンを押すと大きい音が出るものがあります。結構大きい音がながれるので、周りの家の人も気付かないわけありません。
危険な目に遭いそうになったら、躊躇わず防犯ブザーを活用しましょう。なにかが起きてからでは手遅れです。また、小学校では集団下校なども行われていて、これも防犯の一種であると言えます。子供たちの通学路には危険がたくさん潜んでいます。自己防衛も必要ですが、周りの大人が守ってあげれる街になればもっと素敵な街になるでしょう。

子どもたちの通学路に潜む怪しい黒い影には防犯対策で抵抗

小学校や中学校の通学路にPTAの役員が交通安全の旗を持って児童たちの通学を守っている場面に遭遇したことはないでしょうか?昔ではあまりそういう光景に出くわしませんでしたが、子どもを狙った犯罪や交通量が多くなったせいでPTAが子どもを守るために動いています。万が一の為に子供に防犯ブザーを持たせる親も多くなりました。学校で防犯ブザーを配布しているところもあります。
学校に携帯電話を持って行くのは禁止されていますが、子どもに持たせる用の携帯電話にはGPS機能や防犯ブザーの機能が搭載されています。そこまでしないと子どもの安全が守れないという悲しい状況になっているということです。定期的に集団下校などを取り入れて防犯意識を高めている学校も増えています。中学生などは帰宅時間も地域もバラバラな可能性もありますが、なるべく1人では帰らず、2~3人で帰るように心掛けましょう。
不審者を見たら防犯ブザーを鳴らすか、周りにある家に駆けこんで助けを求めるのも賢い選択です。こちらが気を付けていても不審者は近づいてくるので、通学途中であっても、友達と一緒にいても警戒心だけは忘れないようにしましょう。不審者は一人になる隙を伺っていたりするので、よっぽど怪しい時は親に迎えを頼むか、警察に逃げ込みましょう。

イチオシ記事

カテゴリ:子どもの心掛け

通学の防犯はお子様へも最適な指導を

通学から家に帰るまで防犯カメラで安心 通学中などの子どもの安全を守るために、地域や各家庭でホーム用の防犯カメラを設置するという方法があります。費用がかかる事や住民へプライバシーへの理解を得る…

詳細

カテゴリ:大人ができる対策

人とのつながりが通学防犯に繋がる

今からできる通学の時の防犯 今からでもできる子供の通学時の防犯対策についてご紹介します。 まずは不審者に会ったらどうすれば良いのか、子供にしっかりと伝えておきましょう。基本的には、知らない…

詳細

カテゴリ:子どもの心掛け

話題の防犯グッズから最適のものを選ぶ

オススメ防犯グッズについて 小学生にあがると習い事に行ったり友達の家に遊びに行ったりと親と行動することも少なくなります。また自転車に乗るようになると行動範囲も広がります。そんな中残念ながら最…

詳細

カテゴリ:子どもの心掛け

大人が守ろう!通学の防犯について

通学に欠かせない防犯ブザーは自己防衛の第一歩になる 最近では防犯ブザーを学校で配布している小学校や中学校が増えているのはご存知でしょうか?季節の変わり目や節目で不審者の目撃情報や通学途中で被…

詳細